お金を借りるならココ※低金利のキャッシング比較!!

カードローンの借り換えやおまとめについて

 カードローンを利用しているとき、なかなか元金が減らないことに悩んでいるならば、他のカードローンに借り換えることも視野に入れることがカードローンを賢く使う方法です。

 

 

 

 それは、言うまでもないことかもしれませんが、各金融機関によってそれぞれ金利が違うからで、カードローンを借り換えることによって、金利を引き下げるというメリットがあります。

 

 

 

 また、それと同じような理由で、複数あるカードローンを一本化するため、1つのカードローンにまとめることも重要です。

 

借金というのは、返済日や借り入れた額、残りの返済額などがシンプルでわかりやすければわかりやすいほど返済をしやすくなりますから、1つのカードローンにまとめることはとても大切になってくるわけです。

 

 

 

 ですので、カードローンを利用中のときというのは、絶えず他のカードローンの金利がどれくらいになるのか?ということを検討し、情報を収集することがとても重要です。

 

 

 

 せっかく金利が低くできるならばそれに越したことはなく、そこは常に柔軟な発想を持ち合わせていなければならないのです。

 

 

 

 ですので、カードローンを賢く使うならば、借り換えやおまとめは当たり前のことだと考えなければならないと私は思っています。

 

お金を借りるならココ http://kuchicomi-no1.com/

カードローンについて利用前に色々と知っておこう

 

カードローン利用できる消費者金融は色々ありますが、当然のことながら、金利があり、利息が付くので、借りた金額以上のお金を返済しなければいけない、というのは覚えておいてください。

 

金融機関によって金利は違いますが、無限に借りられるというわけではなく、年収の3分の1までと決まっています。

 

限度額以内であれば何回でもお金を下ろす事はできますが、利息も多くなってきますので、必要な金額のみ下ろすようにし、早目に返せる、小額だけ借りたいという場合は、消費者金融が行っている無利息キャンペーンを利用すると良いでしょう。

 

返済方法は金融機関によって違い、手数料が必要なところもあります。

 

小額の手数料とはいえ、積み重ねていったら大きな物になりますし、お金を引き下ろすところも、色々と違います。

 

コンビニATM対応している金融機関は多くありますが、どのコンビニ対応なのか、しっかりと調べておき、手数料も忘れず確認しておきましょう。

 

カードローンは即日融資の場合は、当日申込みすれば、早いところで数時間以内に返答が来て、当日にお金を下ろす事ができます。

 

申込みをする時間は決められていることが多いので、当日に絶対にお金が必要な人は、何時までに申込めば良いのか確認し、審査に落ちた事を考え余裕を持って行動しましょう。

カードローンの審査が甘くなってきている理由

 

近年のカードローンの審査は、比較的審査基準が易しくなっていると言われています。

 

需要があるからこそ審査基準を少し甘くし、顧客を拡大して業績へとつなげていく為でしょう。

 

また、社会情勢の変化も関係しているかもしれません。近年は非正規雇用の労働者も多く、そうした方達こそカードローンを必要としていると言っても過言ではないのです。

 

こうした状況に合わせるように、カードローンの申し込み条件の中には年齢と収入の安定性くらいしか明記されていない金融機関が多くなっています。

 

年齢はだいたい20歳から60歳程度までで、収入に関しては厳密な金額の明記はなく、安定していることだけが条件になっていることが少なくありません。

 

この条件にすることで、非正規雇用の方でも手軽にカードローンが利用できるようになっているのです。

 

もちろん、借りられる金額はそれぞれの返済能力に見合った金額までです。

 

それ以上の金額を借りてしまうと返済遅延が生じる可能性が高く、金融機関としてもきちんと返してもらいたいわけですから返済能力を超える金額を貸すことはありません。

 

それぞれのスペックに合わせた融資を行うことにより、非正規雇用労働者でも、きちんと収入に見合ったお金が借りられるようになっていると言えるでしょう。

 

その為、本当に困っている人がカードローンを利用しやすい環境になってきたのが今の状況となっています。

知人にお金を借りました

今までお金を借りた事なんてありませんでした。でもどうしても必要になったのです。

 

そこで私は両親には借りれなかったので、近所に住む知人に借りたのです。彼女は高校の時の先輩にあたる人です。

 

そんな人にお金を借りる事をとても悩みました。でもお金を持っている人が身近にはいなかったのです。彼女は会社を経営しているので、裕福なのです。

 

普段は一緒にお食事をしたり、映画を見たりと仲良くしていました。でもお金の話なんて、全くした事はありませんでした。でも初めてお金を借りるために頭を下げたのです。わずかな額ですが、私には必要で大金なのです。でも彼女にとっては、少しの金額だったみたいです。

 

それくらいなら、とすぐに貸してくれたのです。私はとても嬉しかったのですが、同時にとても虚しかったです。なんだか私が惨めにも思えたのです。

 

でも仕方がありません。必要なので借りるしかなかったのです。返すのはいつでもいいから、と付け加えられましたがすぐにでも返したいです。

 

私はいつでも彼女と対等の立場でいたいのです。少しでも早く返して、いつもみたいに知人あるいは友人としてまた過ごしたいのです。

 

きっと二度と借りる事はないでしょう。自分にも彼女にもそう誓いました。

主人の引き出しからお金を借りるルール

 

お金を借りるのって、夫婦でもなかなか言い出しにくいものですよね。

 

 

 

 今、ちょうど給料前です。もう何年も給料前はお財布がスカスカ状態が普通になっているので、予定外の出費があると焦ります。例えば幼稚園の遠足代や写真代など、金額としては1000円から2000円程度のものでも、ないときにはないですから……。今月は少し予想して残してあるのですが、心の準備がないときは本当にピンチです。

 

 

 

 先日、お世話になっている会社の方が集金に来られました。主人は現在単身赴任中で、その会社に支払うお金を封筒に入れて、自分の部屋の引き出しに入れてくれています。そこから私が支払うのですが、今回、封筒に何ヶ月分か分のお金が入っていました。

 

 

 

 「これは……助かる!」と、目が輝いてしまった私。もし少々足りなくなってもそこから借りて、数日後のお給料日に返せばOKだわ、と。

 

 

 

 でも一応、そこからお金を借りるときは断ったほうがいいかなあ。遣い込むわけじゃないし、黙っていてもいいかなあ……などと考えてしまいました。

 

 

 

 恐らく主人はそこから1000円2000円減っていても、怒ることもないと思うのですが、やはり夫婦であっても「お金を借りるときのルール」ってあったほうがいい気がするので。

 

 

 

実際に遣わなくても、いざとなったときに借りられるお金が家の引き出しにあるのは、とても有り難いです。やっぱり「一瞬でも借りるときは主人に伝えること」をルールに、なるべく手をつけない気持ちで、給料日までがんばろうと思います。

安易にお金を借りるのはNG

 

学生時代頻繁にお金の貸し借りをしていました。

 

私はよく授業をさぼってパチンコやマージャンばかりしていて、お金がなくなると友人に借りたりまた友人が困っていると貸したりしてましたね。

 

なぜか貸したり借りたりしても、返してはいました。返してもらえないこともなかったです。それが普通でした。

 

ですからお金を借りるとうことに対してあまり抵抗はないまま社会人になりました。

 

社会人になってお金を借りるってことは、あまりしないほうがいいんだなって思った出来事がありました。

 

友人の話ですが、彼女がいてもう結婚間近というところまでいっていたのですが、その彼女からお金を借りたそうです。

 

ちゃんと返すつもりでいたのですが、なかなか返せずにそのうちうやむやにしてしまったらしいんです。

 

どうせ結婚したら家計は一緒なわけだし、という気持ちもあったみたいで。

 

しかし彼女の方はまずお金を彼女に借りるような人自体ちょっと結婚相手としてはどうかな?

 

って疑問を持ち出して、しかもちゃんと返してくれないことがどんどん不信感になっていったそうです。

 

結局彼らは破局してしまいました。お金を借りるってやはり安易にしちゃだめですね。これからは注意しようと思いました。